バッグが主役!夏のキレイめスタイル 5DAYS バッグが主役!夏のキレイめスタイル 5DAYS

今季の『トミー ヒルフィガー』は思わずお出かけしたくなる、スタイルと機能を兼備した優秀バッグを取り揃えています。そんなバッグを際立たせる上品なアイテムから、晩夏に取り入れたいプレフォールアイテムまで豊富。バッグと乗り切る、夏の5日間コーディネートをお届けします。

TOMMY MAGAZINE #11 _ 2019.07.05 update

DAY01

オフィスカジュアルは
上品トートできちんと感を後押し

バッグ選びの基準として欠かせないのは、普段にもお仕事にも対応する収納力と汎用力。A4書類やPCがしっかり収まり、小物を仕分ける内ポケットも充実、カジュアルにもスーツにも合うのがこちらのトートバッグ。ロゴストライプと袖のリボンが印象的なブラウスと、落ち感の美しいフレアのホワイトデニムに添えれば、清潔感と知性漂う端正なオフィスカジュアルの完成です。

COORDINATE ITEMコーディネートアイテム

DAY02

パーティーシーンに活躍する
ラウンドショルダーバッグ

スカーフのようなとろみ素材のブラウスと、裾にレースを施した涼やかなメッシュ素材のスカートの、エレガントながらも涼しげなスタイリング。特別な日にも映える、こんなコーデに合わせるべきは、ラウンドフォルムが愛らしい小ぶりなショルダーバッグ。シックなゴールド金具や上質な素材感が着こなしをクラスアップ。中身が出し入れしやすい、大きく開く開口部やジッパー付きの内ポケットも魅力です。

スカーフのようなとろみ素材のブラウスと、裾にレースを施した涼やかなメッシュ素材のスカートの、エレガントながらも涼しげなスタイリング。特別な日にも映える、こんなコーデに合わせるべきは、ラウンドフォルムが愛らしい小ぶりなショルダーバッグ。シックなゴールド金具や上質な素材感が着こなしをクラスアップ。中身が出し入れしやすい、大きく開く開口部やジッパー付きの内ポケットも魅力です。

COORDINATE ITEMコーディネートアイテム

DAY03

プレイフルなバッグとコートで
ショッピングを満喫

晩夏にかけては、秋を先取りしたアイテムで普段のカジュアルスタイルを一新。Tシャツに、秋を感じさせるバーガンディーのパンツやギンガムチェックのトレンチコートを合わせることで、ちょっとしたお出かけやショッピング姿も新鮮な印象に。レッド・ホワイト・ブルーのフラッグカラー配色で統一されたバッグとスニーカーで、おしゃれと実用性を意識するのもお忘れなく。

BAG
FOR WOMEN

BAG
FOR WOMEN

キャッチーなグローバルストライプの
バッグはたっぷり収納力が強い味方

A4サイズのノートやPCが収まるたっぷりとしたサイズ感。携帯や小物を収納する内ポケットやペンホルダー、貴重品に便利なファスナー付きポケットも充実しています。ショルダーストラップは取り外し可能。

COORDINATE ITEMコーディネートアイテム

DAY04

華やかなセットアップとバッグで
仕事終わりもエレガントに

時短も叶うセットアップは仕事着として最適な一着。サイドラインが最旬なストライプ柄セットアップに、ピンクのバッグで女性らしさとメリハリを加えたコーディネートなら、通勤スタイルはもちろん、仕事終わりも華やかさをキープできます。トートバッグは、ラウンド型のコインケースを付属。ショルダーストラップは取り外し可能で、ゴールドの金具はリッチ感を後押しします。

COORDINATE ITEMコーディネートアイテム

SUMMER
ONE-PIECE

DAY05

週末に着たい可愛げワンピースは
小物使いでヘルシーカジュアルに

ふんわりとしたシルエットや、フロントと袖口のリボンがフェミニンな小花柄ワンピースは、小物使いでカジュアルダウンしたのが好印象。バッグは、フラッグカラーでスクエアフォルムのミニショルダーを。見た目はコンパクトながら、ミニペットボトルが収まる収納力がポイント。トレンドであるダッド風スニーカーでストリート感をプラスし、レジャーシーンやデートにも最適なアクティブスタイルの完成です。

ふんわりとしたシルエットや、フロントと袖口のリボンがフェミニンな小花柄ワンピースは、小物使いでカジュアルダウンしたのが好印象。バッグは、フラッグカラーでスクエアフォルムのミニショルダーを。見た目はコンパクトながら、ミニペットボトルが収まる収納力がポイント。トレンドであるダッド風スニーカーでストリート感をプラスし、レジャーシーンやデートにも最適なアクティブスタイルの完成です。

COORDINATE ITEMコーディネートアイテム

STAFF CREDIT

Photo: Shoichi Muramoto<BYTHEWAY> Styling: Mariko Kawada Text: Madoka Koizumi

利用規約に同意する