18SS SEASON STORY for MEN

18SS
SEASON
STORY for MEN

伝統とイノベーション、古き良きファッションと新しいトレンド。2018SSのテーマは、トラディショナルなモータースポーツへのリスペクトから生まれた、モダンクラシックなコレクション。F1レーシングのピットクルーが着こなす機能的なユニフォームをイメージソースに、トミー流のアメリカンワークウェアが誕生。

Bandana
and
Patchwork

Bandana and Patchwork

アメリカンワークウェアの代表アイテム・バンダナにフォーカス。インディゴのバンダナプリントをパッチワーク風に配して、クラシックなワークウェアをストリートカジュアルにまで落とし込むのがトミー流。なかでも、透け感のある薄手のコットンTシャツやパッチワークのシャツなど、小ワザを効かせたアイテムが狙い目。
ポロシャツは持続可能なコットン栽培を目指す証として「BCI(Better Cotton Initiative)」のタグ付き。
伝統のワークウェアをエコ・コンシャスに。その姿勢も今っぽい、クールなファッションの楽しみ方です。

Hickory

Hickory

ピットクルーのユニフォームにインスピレーションを得て、スマートかつ機能的に仕立て上げたレールストライプのヒッコリージャケット。生地は、糊の効いたノンウォッシュのリジッドデニムを採用。ハリがあり、カジュアルな中にも洗練された雰囲気が残るから、きれいめアイテムとも相性がよく、着回し力も高め。軽めの11オンスでゴワつかず、Tシャツの上に羽織るだけで軽快かつこなれた印象に。今シーズンはトレンドのアースカラーと合わせてワークカジュアルの正統派でいくか、デニムオンデニムで攻めるのも◎。

For
Sustainable

For Susttainable

定番のデニムも今風にアップデート。こちらはオーガニックコットンやリサイクルコットンを原料にし、デニムを作る上で欠かせない「洗い」の工程では、水の使用量を大幅に削減。グローバルな環境基準に従って完成させたエコロジーデニム。オーセンティックなライトブルーのストレートなので、ホワイトや薄めのピンクを合わせて、さりげなく今季のトレンドを取り入れるのがおすすめ。
ファッションもサステナブルに。そんなマインドを軽快にまとって、リラックスムードたっぷりに着こなして。

利用規約に同意する